ホームページ更新情報

最新情報(トピックス)

事務局からのお知らせ

  • 2022.5.31      会員の広場、フォトギャラリーのパスワードを変更しました。

会員の広場(投稿、同期会情報)

会員の広場(フォトギャラリー)

  • 2020.8.30   「みなとみらい」を掲載しました。

「2021年度 総会議案概要説明書」 修正のお知らせ

先日会員の皆様に送付させていだいた、「総会議案概要説明書」に関して、監事から指摘がありましたので以下の部分を修正いたします。

理由につきましては、理事、監事の任期が2年であることを失念していたことによります。

 第2号議案 理事17名選任の件

以下修正します。

 第2号議案 理事4名選任の件

第3号議案については削除します。

 第3号議案 監事2名選任の件

(2022.5.31掲載)

第51回総会記念講演(定例会)報告

2022年6月25日

ドリアン助川氏 講演要旨

演題「生きることのもう一つの意味」

 

 作家であるドリアン助川氏による貴重な講演を拝聴できたので、その様子をお伝えしたい。氏が執筆されたハンセン病に関する小説「あん」は映画化もされ、カンヌ映画祭での受賞、世界21言語にも翻訳された世界的なベストセラーでもある。

 この作品が描かれるまでの氏が経験されたことを通し、「生きることの意味」を私たち一人一人に問いかけていただいた。

 小説のテーマとなった、ハンセン病自体には罪はなく、ましてや罹患された方には中途半端な医療科学技術の発達により、悪法が何十年にもまかり通り、人生を翻弄され、いわれなき差別を受けてきた多くの人がいるなかで、「社会に役立たなければ生きる意味がない」といううすら寒い世の中の風潮が生まれたことに対し、巨大な一石を投じている。

 氏がハンセン病をテーマとする小説に取り組むにあたり、氏自身が色弱であったこと、カンボジアでの難民取材、ラジオパーソナリティーでの若者からの受けた人生に対する深刻な相談、一方では出版にあたり、出版社の心あるごく一部のひとの支援、映画化にあたってのタブーとされていたハンセン病をテーマにすることに対する製作費への受けた支援などが、氏がこれまでに関係した多くの人々とのつながりが有機的に関連しており、凝縮されたたこと。これが「生きること」への問いかけに昇華した珠玉の作品となった。

 氏がいきついた一つの結論が「積極的感受」である。世界は初めから与えられており、すべての存在のために「感受」(受け入れるということ)することにある。

 現在のコロナ渦。今までの価値観が大きく変化する中で「生きることの意味」を問いかけていただき、自分の人生を改めて見つめ直すいい機会となった。(文責:荒武愼一)

 

                                                                                                  (2022.7.5掲載)

総会報告

茗谷倶楽部 会員各位

                                  2022年6月25日

                                 茗谷倶楽部事務局                      

茗谷倶楽部 第51回総会決議の結果について

 

日頃は、茗谷倶楽部の活動にご理解・ご協力いただき、誠にありがとうございます。

さて、本年度の総会決議結果につきまして、下記の通りご報告いたします。

以下議案は、賛成多数によりすべて可決されました。ご協力ありがとうございました。

なお、皆様に送付させていだいた「総会議案概要説明書」に関して、第2号議案については修正、第3号議案につきましては削除、の変更がございました。

 <議案>

第1号議案 2021年度「事業報告及び決算書」書類承認の件

第2号議案 理事4名選任の件

報告事項  2022年度事業計画及び予算     

以上 
(2022.6.25掲載)

理事会報告

日時 2022年8月6日(土)15:00~17:00

場所 JPC 第一セミナー室

 

1.会報

2.スキルアップセミナー

3.50周年記念イベント

4.HP

5.賛助企業

以上 

(2022.8.6掲載)

参与会報告

2021年6月26日(土)17時30分~18時

参与会をオンラインで開催しました。

1.会長挨拶

2.茗谷倶楽部活動報告

3.参与の方の近況報告

以上 

(2021.6.27掲載)

第8回スキルアップセミナーの紹介

(2022.7.27掲載)